ヘルペスウイルスの種類や症状を解説!予防にはバルトレックスがおすすめ

老若男女問わず、季節の変わり目には悩まされる人も多いヘルペス

このページでは、ヘルペスの詳しい症状や、ヘルペスウイルスの種類について紹介しています。あわせて、ヘルペスの予防法についてもチェックしていきましょう。

ヘルペスとは

ヘルペスに悩む女性のイメージ画像

ヘルペスとは、水泡が集まった状態のことを指します。

ヘルペスは、ウイルスに感染することによって起こる感染症の1つです。現在、人間に感染するものとして、8種類のウイルスが知られています。

ヘルペスは、ウイルスの種類によってヘルペスが発生する場所や症状に違いがあります。順番に見ていきましょう。

ヘルペスの種類とそれぞれの症状

ウイルスのイメージ画像

単純ヘルペスウイルスには、1型と2型の2種類があります

1型は口唇を中心に症状があらわれ、2型は性器に症状が起こります。

水疱瘡や帯状疱疹は、水痘帯状疱疹ウイルスによるものです。他にも肺炎や網膜炎、突発性発疹を引き起こすタイプなど、ウイルスにはさまざまな種類があります。

一般的には、単純型と水痘・帯状疱疹ウイルスによるヘルペスの認知度が高く、多くの人が感染の経験があるタイプとして有名です。

単純型は、身体のどの場所にも感染し、皮膚に水膨れを起こします。

口唇ヘルペスは唇の周りに赤い水膨れができ、かゆみや痛みを感じます

疲労やストレスが溜まった時、身体が弱っている時に繰り返し発症するという特徴を持っていますが、早めに治療を行うことで症状が改善していきます

ヘルペスウイルスは、感染力が強いため注意が必要です。症状が出ている時に患部を手で触れたり、炎症を起こしている人が使ったコップやタオルを共有したりすると感染が広まってしまいます。

性器ヘルペスは、初めて感染した場合には、まず患部の表面にヒリヒリ感やむずがゆさなどを感じます。

2日から10日ほど経つと、かゆみを伴った1~2mmの赤いブツブツや水膨れができ、それが破れてただれた症状へと進行します。

この症状は強い痛みを伴い、発熱する場合もあります。また、リンパ節の腫れや、痛みを発症することもあるでしょう。

ヘルペスウイルスは再発率が高い

ヘルペスに悩む女性のイメージ画像

ヘルペスウイルスは、1年以内に8割以上が再発するともいわれています。

再発の主なきっかけは、疲労やセックス、ストレスなどの刺激です。再発した場合は、初めて感染した時と同じ場所に症状があらわれます。

ただ、再発の場合は症状が軽いことが多く、治るまでの時間も短くなります

ヘルペスは再発率が高いから、そのぶん日頃かか体調管理をしっかり行わなければならなりません。

ヘルペス予防にはバルトレックスが最適

薬のイメージ画像

ヘルペスの予防には、バルトレックスという治療薬を服用するのが効果的です。

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑制してくれるため、症状を最小限に留めてくれます

気になる人はバルトレックスの効果を通販サイトでチェックしてみましょう。

水痘、帯状疱疹ウイルスによる水疱瘡は、子供にあらわれるものとして知られており、その多くは予防注射によって防ぐことができます

水疱瘡は、発熱とともに全身に小さな赤い発疹が広がっていくのが特徴です。やがてその症状は全身にあらわれ、時間の経過とともに治まっていきます

水疱瘡は、一度かかると免疫ができるため、二度とかかることがないという点も特徴的です。