ヘルペスと水痘・帯状疱疹ウイルスについて

ヘルペスとは、水ぶくれが集まった状態のことをいいます。
これはヘルペスウイルスによって引き起こされる症状で、人間に感染するウイルスは8種類が知られています。
ヘルペスについて考える女性その種類によって症状はさまざまで、「単純ヘルペスウイルス」による口唇にできるものや性器に症状が現れるもの、「水痘・帯状疱疹ウイルス」による水ぼうそうや帯状疱疹などが知られています。

水痘・帯状疱疹ウイルスは子どもでは水ぼうそうとして感染することがあり、症状としては発熱や全身に水ぶくれなどを引き起こします。
水ぶくれはかさぶたとなって通常では2週間ほどで治ります。
治療としては抗ヘルペスウイルス薬の内服することが効果的だとされており、発症の初期に治療することによって完治が早くなります。

しかし水痘・帯状疱疹ウイルスは感染後、脊髄後根神経節に潜伏感染しており、感染者は長い間症状が出ることはないとされています。
しかし、感染者の加齢や免疫機能の低下によって潜伏感染していた水痘・帯状疱疹ウイルスは再活性化して、疾患を引き起こして帯状疱疹となるのです。
免疫不全状態の感染者であれば帯状疱疹から重篤な全身感染へと進展する症例もあります。
これもまた抗ヘルペスウイルス薬の内服によって治療します。
重症になると、入院をして点滴によって治療する必要があります。

水痘・帯状疱疹ウイルスを予防するためには、毒素の弱めた水痘・帯状疱疹ウイルスを凍結させて乾燥させたもので作られた生ワクチンを蒸留水に溶かして使用します。
副作用もないことから子どもの水ぼうそうの予防に接種されることも多くあります。

日常生活においてピンポイントで予防する方法はあまり無いとされていますが、免疫力を高めることで水痘・帯状疱疹ウイルスによる発症を予防することができます。