ヘルペスの症状と再発した時の対処法

ヘルペスとは、水ぶくれが集まった状態のことをいいます。
これはウイルスによるもので人間に感染するウイルスは8種類ある事が知られています。
代表的なものに、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水ぼうそうなどが挙げられます。
名前を聞くと怖い病気のように感じますが、実はとても身近なウイルスで誰もが感染している一般的なウイルスです。
これは、多くの人が子どものころに水ぼうそうに感染しているということからも分かります。

口の周辺にできる口唇ヘルペスや性器周辺にできる性器ヘルペスの主な症状は、小さな水ぶくれができてきて、痛がゆい症状が続きます。
しばらくして水ぶくれが破れてかさぶたになると1週間~2週間ほどで治ると言われています。
一度なってしまうと、疲れたり抵抗力が落ちたりした時に再発することがあり、なりやすい体質の人がいます。
そのような人は症状が出始めたらすぐに対処していくことが、悪化させないポイントです。

治療には、抗ヘルペスウイルス薬が使われる事が一般的です。
しかし使用したからといってすぐに治るのではなく、ある程度治るのには時間がかかるので根気が必要です。
また、早く使い始めることにより、ウイルスの広がりを抑えることができるので、気になる症状があればなるべく早く病院に行くようにしましょう。

再発防止のためには、日常生活で抵抗力のある健康で丈夫な体を作ることが大切です。
食事や運動、栄養バランスに気をつけることにより、再発しにくい状態を作ります。
しかし、いくら気をつけていても再発してしまうこともあるので、症状が出たらすぐに薬を飲み始めるなど日常生活の中でヘルペスと上手に付き合っていくことが大切です。
また、薬は医師に指示された期間しっかり飲むようにしましょう。
症状が治まってきたからといって勝手に飲むのをやめてしまうと、また悪化することがあるからです。
正しい知識を持ってしっかり対処することが大事です。