単純ヘルペスウイルス1型に感染するヘルペスとは

ヘルペスには、感染する場所や症状によっていくつか種類があります。
口や唇の周りに症状が現れる口唇ヘルペス、性器に感染しておきる性器ヘルペス、水疱瘡とも言われる帯状疱疹などです。

単純ヘルペスウイルス1型について説明する女性これらの大きな違いは、感染したときのウイルスの種類です。
口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス1型というウイルスに感染して起きます。
それに対し、性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス2型のウイルスにより感染します。
帯状疱疹や水疱瘡は、水疱・帯状疱疹ウイルスというウイルス感染になります。

単純ヘルペスウイルス1型に感染して起きる口唇ヘルペスは、症状がでない間に感染していることが多く、7~8割のひとが感染していると言われています。
感染するとウイルスは完全に体内からいなくなるわけではなく、神経系の部分に潜在化するのが特徴です。
普段はそのウイルスが悪さをすることはないのですが、風邪を引いたり、疲れなどで免疫が下がると発症する事があります。
その場合、赤い水ぶくれができて、水ぶくれが潰れるとかさぶたになります。
時々痛みを伴う場合もあります。
ヘルペスの特徴は、初めて感染したときは症状が重いことが多く、再発を繰り返すたびに症状は軽症になっていくところです。

しかし、治療は治るまでしっかりする必要があります。
基本は単純ヘルペスウイルス1型の増殖を抑える薬、抗生物質、ビタミン剤、鎮痛剤で治療します。
だいたい2週間ほどで症状は治まります。
ただし、完全にウイルスを殺すことはできないため、再発を繰り返します。
再発をしないように日常生活において気をつける必要があります。
疲れやストレスを溜めないようにする、バランスの取れた食事を心がける、暴飲暴食をしない、睡眠をしっかりとる、適度な運動をするなど日頃の生活習慣も重要です。
まずは、再発をしないように気をつけることから始めましょう。