未分類

ヘルペスが原因で子宮摘出!?不妊症になる前に早めの受診を

身近な疾患であるヘルペスですが、女性の場合、症状を放置すると不妊症になったり、子宮摘出しなければならない事態に陥ったりしてしまいます

このページでは、ヘルペスの症状や放置した場合の危険性について解説します。自分自身や家族、赤ちゃんを守るためにも、ヘルペスについてしっかり学びましょう。

ヘルペスの症状!放置すると不妊症になることも

落ち込む女性のイメージ画像

性器ヘルペスは単純ヘルペスウィルスによる感染で、潜伏期間は1週間ほどです。

陰部にかゆみや痛みを伴い、小さな水泡がたくさんできます

性器以外にも唇の周りにできるものや腹部にできるものがあります。

一時的に症状が治まったようでも神経節に潜伏し、発熱や性交時の刺激、免疫の低下により再発することがよくあります

特に、母子感染の危険性があるため妊婦は注意が必要です。

性器ヘルペスはストレスや過労をきっかけに発症するため、日常生活の自己管理が大切です。

それを放置しておくと貧血が強くなったり、不妊症になったりすることがあります

ヘルペスの症状がひどくなると、子宮摘出しなくてはならなくなってしまいます

ヘルペスは早めの治療が大切

看護師のイメージ画像

ヘルペスは再発しやすいという特性があるので、常に身体を綺麗にして、パートナーとは良好の関係を持続させていく必要があります。

パートナーには日頃から性に対してきちんとした理解を持つよう推奨することが、症状の軽減につながります

子宮筋腫など子宮摘出を必要とする病気など女性がかかりやすい病気はたくさんあるため、少しでも歩行や食事などに異常を感じたら病院の受診が必要です。

子宮摘出は最悪の事態を考えての処置なので、早めの受診はとても大切です。

自分の身体を自分で守るという鉄則を持つことで平和な家庭を築き、心身ともにメンテナンスを怠らないようにします。

特に妊婦は生まれてくる子どもがヘルペスにかからないように気をつけることが大切で、病気に対する関心を常に持っていることが家族を守ることにつながります

また、自治体主催の保健所での定期的な検診をしっかり受けておくことも大切です。