未分類

ヘルペスウイルスによる唇や鼻の症状!効果的な治療法は?

口や鼻のあたりにかゆみや炎症を起こす、ヘルペスウイルス

このページでは、主に口唇ヘルペスの症状や、治療法について解説します。早期治療を目指すためにも、ヘルペスに関する知識をしっかり身に着けておきましょう。

口唇ヘルペスの症状は?

口唇ヘルペスに悩む女性のイメージ画像

ヘルペスウイルスは、人間の身近に存在しているウイルスの一種です。

かぜやケガ、ストレスなどで免疫力が低下すると感染しやすくなってしまいます

ヘルペスウイルスにはいくつかの種類があります。

その中でも、単純ヘルペスウイルス1型と呼ばれるものは、主に唇やその周辺、鼻の広がっている部分、鼻の下などに感染しやすいウイルスです。

鼻は上口唇に接しているため、口や唇から鼻にヘルペスがうつることもあるのです。

単純ヘルペスウイルス2型は、主に陰部に感染しやすいという特徴を持っています。

単純ヘルペスウイルス1型は口唇ヘルペス、単純ヘルペスウイルス2型は性器ヘルペスと呼ばれています。

口唇ヘルペスにかかってしまった場合は、唇や鼻などの顔面の皮膚に、小さな水ぶくれのようなものが数多く出現します

水ぶくれには痛みやかゆみが伴うほか、放置すると水ぶくれがつぶれ、ただれてしまうこともあります。そのことから、熱の花とも言われています。

人によってはこうした顔面の部分の皮膚だけではなく、口内の粘膜などに同様の水ぶくれの症状が出ることもあります。

ヘルペスウイルスの感染経路

ヘルペスウイルスの感染経路は大きくわけて、以下の2つです。

  • 接触感染
  • 物を介した感染

ヘルペスは、水ぶくれなどのヘルペスの症状がある人に直接触れた事によって感染する接触感染するケースと、物を介して感染するケースの2パターンがあります。

1型における接触感染は、主にほおずりやキスで感染し、物を介した感染では食器、タオルなどをから感染します。

一方、2型の接触感染の多くは性行為です。物を介した感染では、1型と同じくタオルなどが原因で感染します。

皮膚にはウイルスの侵攻を防ぐ機能があるため、通常はウイルス皮膚についただけでは感染しません。

しかし、皮膚に傷や湿疹などがある場合は、皮膚のバリア機能が弱まっているので、感染しやすくなります。

アトピー性皮膚炎の人や傷口がある場合は、感染しやすいので注意が必要です。

また、感染は性器同士の感染に限りません。

口唇ヘルペスの症状がある時にオーラルセックス(フェラチオ等)をすると、相手の性器に感染するのです。

性器のような粘膜以外にも、胸やおしりなどへも感染することがあります。鼻の下や横、鼻の穴や入口にヘルペスができているなど、じゅくじゅくした水泡やみずぶくれ(水疱)等の帯状疱疹の症状が出ている時(鼻ヘルペス)も、注意が必要です。

口の上や横にヘルペスができている場合、キスやオーラルセックスでヘルペスに感染してしまいます。

口唇ヘルペスを発症しているときは、オーラルセックスを避けましょう。

お風呂では感染しにくいがタオルには注意

ヘルペスウイルスは熱に弱い特徴があるので、お風呂のお湯を介して感染することはありません。しかし、タオルを使い回している場合は、感染してしまう可能性があります。

性器ヘルペスになると性病になる感染率が上がる

性器ヘルペスの症状が出ている場合は、ヘルペスだけでなく他の性病にも性感染しやすくなります。

患部のバリア機能が低下しているため、その状態で性行為をすると他の性感染症の感染リスクも高まるのです

症状が出ていなくても、性器の皮ふや粘膜にウイルスが出てきて、感染することがあります。

単純ヘルペス感染症は性器だけでなく鼻や鼻の中、鼻の下などにも生じます。注意しましょう。

ヘルペスは抗ウイルス薬で治療!

薬のイメージ画像

ヘルペスを治療するためには、抗ウイルス薬の服用が効果的です。

ヘルペスウイルスを抑える!治療や予防には抗ウイルス薬のバルトレックスがおすすめ老若男女問わず、季節の変わり目には悩まされる人も多いヘルペス。 このページでは、ヘルペスの詳しい症状や、ヘルペスウイルスの種類につ...

抗ウイルス薬は、ウイルスが増殖する際に行なわれるDNAの複製を阻害する働きを持っています。

通常は錠剤として口から飲むタイプのもので、継続して飲んでいれば、5日間程度で症状が改善していきます。ヘルペスの自然治癒を待つよりも、断然早いのです。

その際、ヘルペスによって水ぶくれになった場所にはかさぶたができます。かさぶたはその後、自然に皮膚が再生されれば剥がれ落ちます。

なお、ウイルス自体はごくありふれたものであるため、いったん治った後であっても、免疫力が低下すると再度感染することがあります。

再発した場合も、同じように抗ウイルス薬を服用して治療を進めます。